【珍場面】GKの居ぬ間にFK

J1第25節 北海道コンサドーレ札幌 3-1 ヴィッセル神戸

2-0から長沢のゴールで1点差に詰め寄った神戸。

時計は後半34分を指していた。

ポドルスキが前半で退場し、イニエスタは交代でベンチに退いていたが、

同点に追いつく可能性は十分にあった。

 

しかしながらその4分後の後半38分、意外な裏切り者が現れる。

チャナティップの仕掛けにより得たゴール前でのFK。

キッカーはキックのスペシャリスト福森。

GKのキム・スンギュはゴールポストの前に立ち、慎重に壁を作る。

FKの守備時の当たり前の光景である。

神戸は壁の調整をし、札幌の選手がFKの準備をする。

レフティーの福森はボールの傍らで狙いを定める。

その時、笛が鳴った。

キム・スンギュはまだポストの前にいる。

都倉は水を飲んでいる。

何の笛だろう。もちろん「FK蹴っていいですよ」の合図の笛である。

福森はすかさずガラ空きのゴールにインサイドパス。

GKが慌てて戻るもボールは無情にネットを揺らす。

 

誤審ではないのだろうが、

主審は明らかに神戸の状況を把握していなかった。

自分のタイミングで笛を吹き、ゴールが決まったためそのまま認めざるを得なかった。

 

この件、池内主審にインタビューしてほしいなあ。