【黄色信号】ガンバ大阪は去年より降格の危機にある。

目を背けていた順位表をそろそろじっくり見なければならない。

勝負の夏だと意気込んではいたけれどもガンバ大阪は全く勝てず、

奇跡のような5試合連続引き分けという珍事を引き起こした。

リードした試合の終盤でナーバスになるというか、

確かにこれは結果論であるが、時間を使うことに徹するのか、

相手を突き放すゴールを目指すのかというベクトルもブレブレで、

サポーターの不満は溜まっている。

 

さて、現実を見よう。

昨年の今頃、正直に言ってしまえば、

J2降格するものだと思っていた。

当時は17位で、全く光が見えず、残留争いのライバルである鳥栖にも完敗し、

絶望の淵にいた。

しかし、9連勝の奇跡が起こり順位をうんと上げて残留。

そしてなんともびっくり、いつの間にか残留争いに巻き込まれていた柏レイソルが

最終的に降格した。

 

最近確かに負けてはいない。先日のマリノス戦は久しぶりの敗戦だと言えば聞こえはいい。

残留争いは、負けて負けてボロボロの状態だという認識があるが、

今のガンバはたくさんの勝ち点を抱えて走っていたつもりが、

ポロポロとあちらこちらに勝ち点をこぼしてしまっていて、

「思ったよりも勝ち点が少ないな。いや、でも悪くないっしょ」という雰囲気がどこかにある。

 

結局何が言いたいか。

去年ほど降格の危機感がない

と言いたいのである。

 

これが一番危ない。

 

私も「よし、現実を見よう」と最近順位表をまじまじと見たのだが、

思ったよりも低い。

すぐ背後にJ2が迫っていて、足を止めてしまえば一気にがんじがらめ。

身動きを取れなくなる位置にまできているではないか。

 

背筋がゾッとする。

調子の上がらない宇佐美がガンバ降格の危機を救うなんていう

ベタな展開でもいいから、なんでもいいから勝ってくれ。

 

でないと、本当にこれ、落ちるぞ。