お約束のドロー【J1第22節 ガンバ大阪 – サンフレッチェ広島】

【J1第22節】 ガンバ大阪 1-1 サンフレッチェ広島

 

苦笑い。

終了間際の倉田のゴールで先制して大喜びしたものの、

直後に追いつかれてドロー。

 

実にガンバらしく、苦笑いが込み上げるが、結果以外にも苦笑い要素の多い試合だった。

 

①遅い選手交代

まだ?

え、まだ?

ツネ様の選手交代の判断は遅い。これは割といつも通りであるが、

アデミウソンを下げるタイミングは60分頃を目処にしてもいい気がする。

しかも、今日のベンチメンバーのFWは渡邉千真。

投入されたのは75分。

チャンス一発を決めるタイプではないので、彼のためにも時間は多く与えたい。

 

②井手口 失点に絡む

非常に残念だったのが井手口のプレーが失点に関わってしまったということ。

広島が気合を入れて押し込んでくるところ、

井手口のクリアでもなくパスでもないボールが相手に渡り、

そこからクロスを上げられてヘディング。失点。残念。

「試合に慣れさせる必要があった」とツネ様はコメント。

この判断が結果に関わるようであれば、采配ミスと言われても仕方ない。

 

③駒不足

食野がいれば・・・

何人のサポーターがそう思ったろうか。

攻撃の交代選手が限りなく絞られる現状。

コンチャや鈴木に覚醒してもらうしかないのか。

ま、今日は契約の関係でパトリックがいなかった関係はあるけれども。

 

劇的ゴールで勝ちきれないのがガンバ大阪。

「らしさ」を忘れないガンバ大阪。

 

落とすな、勝ち点。以上!