【ルヴァン杯 第1節】ジュビロ磐田vsガンバ大阪

【ルヴァン杯 第1節】ジュビロ磐田 1−0 ガンバ大阪

ルヴァン杯の楽しみはサブ組の起用である。

今日のガンバ大阪の目玉は矢島と高のボランチ。

この2人には今季殻を破ってもらわなければならないのだが、

今日の内容を見るとそれはまだまだ遠い先の話。

それでもこの2人にボランチを任せられる日が来れば、

サポーターとしてこれ以上の喜びはない。

 

遠藤、今野、倉田がトライアングルを作り、アデミウソンが絡みながら藤春が駆け上がり、

スルーパスからチャンス演出をする形は鉄板であるのだが、

今日のガンバではそもそもトライアングルができない。

その要因としては矢島がボールに積極的に関わろうとしないところが大きい。

高がボールをさばく時に、矢島は近づかずに割と距離を置いてボールを待つ場面が窺えた。

 

矢島にボールが入ると味方につなぐことはできるし、

良い縦パスが入ることはある。

ライバルのレベルが高すぎることもあり、比較されるのは可哀想な気はするが、

ガンバのボランチを託すには、チームをコントロールするプレーを見せてもらわねばならない。

 

高については割と積極的なプレーを見られたように思うが、

パスが正直すぎるところが今後の課題である。

「そこに出しますよ」と言わんばかりに狙いを定めて、

正直に出してしまうところは相手の大きな狙い目となる。

実際にそこからカウンターを受ける場面はあった。

ボランチの課題はまだまだ多い。

それでもルヴァン杯第2節でもこのコンビを使って欲しい。

 

他の楽しみは呉屋。今季は、ある意味ではJ1で生き残るためのラストチャンスであるのだが、

今日の出来だと厳しい。

FWもライバルのレベルが高いが、強みのないFWは生き残れない。

ファンウィジョは豪快さや決定力。

アデミウソンは圧倒的な個人技。

渡邉は安定した収まりや周りを生かすプレー。

それと比べるのは酷なのかもしれないが呉屋の魅力はまだこれといったものがない。

 

米倉の左SBと田中達也の右SB。

攻撃面での持ち味に期待しての配置だとは思うのだが、

実際は効果は表れない。

田中は小野瀬と競わせたらいいのではないか。

 

負けたことは残念であるが、それ以上にスタメンを見て期待した絵が打ち砕かれたことがショックである。

それでも次節もこのメンバーで。