魅力を見守る -北海道コンサドーレ札幌-

2018 J1第3節 北海道コンサドーレ札幌 1-3 清水エスパルス

 

期待感のあるサッカーを見せながらも勝利のない札幌。

鹿島にドロー、神戸に4得点で勝利と上々の滑り出しの清水。

札幌のホーム開幕戦である。

 

前半は札幌の魅力を存分に楽しめる充実した内容だった。

効果的に長いボールでサイドチェンジを狙い、

ポイントポイントで三好やチャナティップ、駒井がドリブルで仕掛ける。

札幌の先制点はまさに狙い通りの形。

駒井のピンポイントクロスにジェイのヘディングである。

点で合わせられたら防ぎようがないだろう。



それでも勢いのある清水は前線の状態が充実している。

クリスランがゴール前でボールを受ける。体でDFをブロックしながらバウンドしたボールをキープ。

ブロックして開いたスペースをうまく使って体を捻りながらのシュートが同点弾となった。

懐の深いFWは頼もしい。

 

後半には試合展開が打って変わる。

後半開始早々に清水の松原がサイドで仕掛ける。

タイミングを計ってグラウンダーのクロス。中にするすると上がってきた金子が合わせて逆転。

「軽い失点」とミシャ監督は振り返った。この場面が試合展開を左右したかもしれない。

 

前半は何度も三好の仕掛けが見られたのだが、後半には効果的なドリブルは皆無だった。

チャナティップも器用に左サイドでボールを触り、チャンスを演出する場面はあったのだが、

清水DFにうまく対応された。

清水の立田は今節でより自信をつけたことだろう。



札幌は得点を取るために都倉を投入した。

ジェイと都倉の高さを生かしたクロスを中心に攻めるのかと思ったが、

積極的に高いクロスを上げるわけではない。

結局、15分ほどプレー時間はあったが、

都倉はほとんどボールを触らないまま終了のホイッスルが鳴った。

 

札幌の攻撃は魅力的であるが、その攻撃は個人の仕掛けから始まるものがほとんどである。

ミシャ監督時代の浦和のように

ゴール前でワンタッチでつないで人が追い越していくような攻撃ではない。

もちろん選手の違いがあるため同じサッカーはできないだろうが、

連動した攻撃を見たいものである。

札幌にとって悔やまれることは、若い菅にビッグチャンスが何度か訪れながらも決められなかったことである。

その最後の質が上がっていくことに期待しながら

札幌サポーターは気長に見守っていくべきなのかもしれないが、

やはり悔しい敗戦だったはずである。