連勝名古屋連敗磐田

2018 J1第2節 名古屋グランパス1-0 ジュビロ磐田

 

田口の古巣対決が早くも実現した。

田口のプレーに対する名古屋サポーターのレスポンスが面白い。

ブレ球のミドルシュートを放ったところで、一部の名古屋サポーターからも拍手が起こった。

私が名古屋サポーターなら拍手はしないが、いろんなサポーターがいて興味深い。

 

磐田はGKカミンスキーが欠場。J1デビュー戦となる三浦が先発した。

初出場の相手FWがジョーだというのは気の毒に感じたが、心配は無用だった。

三浦が止めなければもう2or3失点していてもおかしくはなかった。

ジョーや青木の決定機を落ち着いて防ぎ、カミンスキーの穴を感じさせなかったのは見事である。

磐田の失点は不運な形から生まれた。



なんでもないクロスをDFがクリアし、そのボールが味方に当たる。

そしてあろうことかガブリエルシャビエルの目の前にこぼれ落ち、右足で叩き込まれた格好となった。

前半の早い時間帯だったため、多少のショックはあっただろう。

 

名古屋は青木が光った。

攻撃陣はジョーやシャビエルだけではないことを表現するかのように積極的にシュートを狙った。

右から巻くシュートを得意としているようだが、

時には意表をついて直線的にニアを狙うプレーがあっても面白いかもしれない。



磐田は呪われているかのようにシュートが入らない。

川又は2ゴールしていてもおかしくないくらいの決定機が訪れた。

開幕戦でも決定機を逃しているだけに、そろそろ決めなければ無得点の泥沼にはまりそうである。

気になるのは中村俊輔のセットプレーが効果的でないこと。何度か良い位置でのFKを獲得したが、

クロスはそれほど可能性を感じさせなかった。

絶対的なターゲットがいないのも影響しているだろうが、キックの質も上がってきていないのが残念である。

 

名古屋は開幕2連勝。上々の出来である。

磐田は開幕2連敗。そして2戦無得点。残念である。

それでも昨季の磐田の躍進を考えれば、このまま停滞が続くわけではないだろう。

ここ2試合で3得点ほどのチャンスを逃している川又の得点が待ち遠しい。

髭と一緒に得点力も無くなってしまったのだろうか。いや、そんなことはないだろう。