J2降格へ。大阪ダービー惨敗【J1第27節 セレッソ大阪 – ガンバ大阪】

【J1第27節】セレッソ大阪 3-1 ガンバ大阪

 

勝てない試合は悔しいものだが、今節の敗戦は悔しさ以上に絶望を痛切に感じる悲劇となった。

気合の入る大阪ダービーで一番負けたくない相手に負けたこと。

なすすべなく敗れたこと。

これだけでもキツイのだが、それ以上に

「宮本恒靖で残留できるのか」という不安がこのタイミングで最高潮に達してしまったことが残念なのである。

 

試合の立ち上がりから三浦と東口の連携ミスで自らピンチを招く。

三浦が慌てて対応し、あわやセレッソにPKが与えられてもおかしくない場面を作った。

大阪ダービーに向けて2週間気合を入れてきたサポーターからすると、

気の抜けたようなミスをいきなり見せられることほど辛いものはない。

そして、失点。相手のクロスが上がる前にマークの立ち位置を確認して入れば防げたものに思える。

そして、再び失点。セットプレーから1点目と同様にヘディングで叩き込まれた。

この時点でまだ前半の10分である。

完全に出端をくじかれた。

 

守備を固めるセレッソ。ディフェンスと中盤でボールを動かしても糸口が見つからず、

宇佐美が無理やりシュートを放つもほとんどブロックされ、

PA外から他の選手たちが放つシュートも可能性がないものばかり。

スサエタがスタメンでよくボールに絡み、よく走ったが、高尾との連携が悪い。

パスの質が高いため戦力になりそうであるが、得点が増えるかどうかはなんともわからない。

勝ち点3を取るためのピースになり得るかと考えると微妙なところで、

今のところはガンバの鳥かごのレベルが上がったようにしか見えない。

 

三浦や高尾は判断スピードや状況理解がやや遅いように感じるし、

キムヨングォンは荒いプレーがより目立つようになったし、

藤春は攻撃面で全然活きない。

ポジティブ要素の少ないディフェンス陣。

まずはマークの確認を確実にすることから始めよう。

このままでは相手のCKの度に息を呑んで見ることになる。

 

選手個々のパフォーマンスだけでなく、監督のマネジメントも考えなければならないところである。

コンチャや鈴木よりも高江や福田をメンバーに入れるべきであると個人的に思うが、どうだろうか。

そして今の宇佐美を使い続ける理由も知りたい。特別扱いしているようにも見える。

守り方や攻撃の組み立て方、メンバー編成…

チームの核となる部分がぐらぐら揺れているため、見ていられない状況となっている。

この問題の根幹は宮本恒靖にある。

ただ、今から監督交代に踏み切るとは考えにくいし、残り試合が少なくなってきているため、

サポーターはひたすら焦ってしまう。

 

ガンバ以上に調子の悪いクラブが現れることを祈るしかない状況である。

このままだと、本当にJ2に落ちる。