【5連続ドロー】今回は勝ち点1を”拾った”【J1第24節 鹿島アントラーズ – ガンバ大阪】

【J1第24節】 鹿島アントラーズ 2-2 ガンバ大阪

 

悪い引き分けが続く中での鹿島戦。

スタメンにはドロー地獄の元凶の1部を担ってしまった井手口の名が。

サポーターが彼の良かった頃を知っているだけに、

ここのところの井手口のパフォーマンスには不満が募りに募って、

爆発寸前の人もいるのではないか。いや、もう爆発した人もいるのか?

 

何はともあれ、「ターニングポイントになる」と語った宮本監督の采配。

5連続となるドロー決着となる結果や同点に持ち込んだ流れを見てサポーターはどう感じるだろうか。

 

前半に高尾から小野瀬への縦のパスがどうしてかタッチラインを割ってしまうミスが。

中盤での倉田のボールロストから前半のうちに同点に。

 

カウンターのピンチ。鹿島の選手が前線を駆け上がる。スピードに乗って持ち上がる土居。

土居に襲いかかる井手口。「ここで潰してこそ井手口だぞ」と誰もが前のめりになって見たであろう。

しかし、振り切られた。潰せない井手口。んー。

 

アデミウソンがポジション争いで相手を若干小突くのはいつものことだが、それが先制点に繋がる。

東口からの長いボールにブエノへの小突き。ブエノはステップのバランスを崩し、転倒。

落ち着いて流し込んだアデミウソン。鹿島がファウルアピールするのもわかる。

福田が得たPKにも異議を唱えるのもわかる。

でもねでもね。得点に関するジャッジは正当だったのでは?と思うのはガンバサポだからでしょうか。

 

パトリックがPKキッカーに名乗りを上げた時には「え、パト…?」と思ったけれども心配無用。

終盤にセルジーニョや土居のシュートミスに救われ、勝ち越しゴールは許さなかったことは幸運で、

最近の鹿島の勢いの乗り方を踏まえた上でも勝ち点1を”拾った”ことは前向きに捉えていい。

 

それにしてもこれほどドローが続くことも珍しい。

「どうして一段一段なんだろう?」とツネ様がインタビューで発して

微妙な空気が作られる日もそう遠くない。