終了間際のオバケ

J1第22節 ガンバ大阪 1-1 北海道コンサドーレ札幌

 

苦しいシーズンとはこんなものである。

長い間1つのクラブを応援していると、当然ながら良いことと悪いことの両方を経験する。

悪いことが起こったとしても下を向かない。いつか必ず笑える日が来るのだから。

…といった悟りを開いてしまうくらいの苦しい状況である。

この札幌戦。パターン化してしまっている悲劇的なエンドを迎えたわけだが、

トータルで見れば勝ち点1を取れてよかったと胸をなでおろすべき試合だった。

 

主導権は握られ、被決定機は間一髪で凌いで運よく無失点で終盤を迎えた。

長いアディショナルタイムが取られ、すでに嫌な予感はしていた。

守りきり体制に入った宮本監督。あわよくばカウンターで藤春を走らせたいという

考えもあったかもしれないが。

6バックに近い形で守りに入り、ジェイと都倉のツインタワーを警戒する。

そう、わかっていたのだが。



人数は揃っていた。いや、むしろ余っていた。

右サイドから上げられたクロス。

ボールは中央を固めたガンバのDF陣の頭の上を通過し、

ファーサイドで待ち構える都倉の元へ。

都倉対米倉の空中戦。勝負は見えていた。

 

宮本ガンバはよく先制点を取る。

しかし80分頃から嫌な予感が漂い始める。

出口は見えている。あとはあそこまで歩くだけ。

そこで必ずあのオバケが出るのだ。

そいつに捕まれば持ち帰ろうとしている勝ち点3は

1もしくは0になる。

オバケは絶好のカモを見つけたと喜んで帰り、

また次にそのカモが通りかかる時を待っているのだ。

 

…というくらいに現実逃避をしてしまうほど苦しい状況なのである。

勝ちたい。