【無念の敗退】武蔵のスコーピオンショット【ルヴァン杯 準決勝 北海道コンサドーレ札幌 – ガンバ大阪】

【ルヴァン杯 準決勝】北海道コンサドーレ札幌 1-0 ガンバ大阪 (2戦合計2-2 AW差で札幌勝利)

 

今季の最後の希望が打ち砕かれた。

スコーピオンショット。カウンターから鈴木武蔵。なすすべなし。

札幌との3連戦ラスト。2連勝で乗り込んだアウェイ。

第1戦でリードしているとはいえ、先制点を許せばあっという間に状況はひっくり返るイヤな状況。

緊張が続く。前半から札幌がゴールに迫る場面がいくつかあり、その度に肝を冷やした。

 

福森のFKで一瞬だけ心臓が止まった人はたくさんいるだろう。

 

福田の攻守においての奮闘を称え、三浦のパス出しの遅さに怒り、アデミウソンの決定力を嘆きながら時計の針は進む。

前半に宇佐美が負傷交代するアクシデントがあったものの、井手口のスルーパスやアデミウソンの個人技で一応チャンスは生まれた。

ただ、武蔵ショットにやられてようやく攻撃のスイッチが入るも、パトリックめがけたクロスの質が低く、

全くチャンスは生まれない。スサエタは技術の高い素晴らしい選手だが、得点が欲しい場面で何かを変えられそうな印象は今のところはない。セットプレーの精度も高いのか低いのか、まだまだ判断できない。

 

タイトル獲りたかった。

札幌が初めてカップ戦の決勝戦に進むとのことで、単純に力の差で負けたものだから

ぜひルヴァン杯で優勝してもらいたい。

すでに決勝のチケットは買っていた。

昨季もガンバと無関係のルヴァン杯決勝の観戦に行ったものだから、

早めに取っちゃえ!ということで。そして、もちろんガンバが決勝に行くと信じて。

残念ながら望みは叶わなかった。それでも、お祭り気分で行ってくる。

 

敗退のショックはリーグ戦に影響するかもしれない。

それでも今季の目標がはっきりと一つに定まった今、

J1残留に向けて意思を統一しなければならない。

そしてシーズン終了後、宮本監督は…

 

気持ちを切り替えよう。

 

台風の中でも参戦した方々、お疲れ様でした。