秋から春へ -懐かしい匂いがする-【J1第26節 ガンバ大阪 – サガン鳥栖】

【J1第26節】ガンバ大阪 1-0 サガン鳥栖

 

GKはしばしば「守護神」と呼ばれる。ガンバ大阪のゴールを守る東口はまさにその「守護神」に当てはまり崇め奉られる存在なのだが、この鳥栖戦においては、目に見えない守護神が東口と共にゴールを守っているように見えた。

 

試合を見た人なら分かると思うけれども、鳥栖の決定機が悉く実らなかったのだ。

金森のシュートはバーに嫌われ、金崎はビッグチャンスをポストに嫌われ、さらに枠そのものを外してしまうようなシュートを放ったため、「今日のガンバのゴール前には誰かがいる」なんて神秘的なことを考えてしまうほど幸運に見舞われた。

 

値千金の渡邉千真のヘディングゴールが生まれ、久しぶりのリーグ戦勝利。

さらに宇佐美のシュートへの執着心も戻ってきているように感じられたし、

アデミウソンはしっかりとアシストを記録したし、スサエタが普通にガンバに溶け込めそうだと思えたことで、

大満足の今節。

 

順位表を見ると紙一重の勝ち点差で各クラブがひしめいているため、順位が少し上に上がったからといって緊張感から解放されるわけではないのだが、勇気をもらえる勝ち点3を獲ることができ、幸せである。

 

藤春が復帰したことで、左サイドの「お約束」が復活。藤春が抜け出すところまでは何度かいけたが良いクロスは上げられず。

それでも倉田のスルーパスに藤春が走り出すってだけでもガンバサポーターはなぜか嬉しいものなのです。

 

次は大阪ダービー。

この勢いで、宇佐美に得点がきたら一気に上昇気流に乗ることができそうである。

 

では、今日は乾杯。