【終盤PK】泥沼ドロー。勝ち点3取ろー。【J1第23節 ガンバ大阪 – ジュビロ磐田】

【J1第23節】 ガンバ大阪 1-1 ジュビロ磐田

 

思ったようにチャンスが生まれない。

宇佐美のシュートがゴールポストを叩く。

パトリックのフリーのヘディングシュートは枠の右側へ。

 

なんとなーく嫌な予感がしていた。

魔のアディショナルタイム。

 

「嫌な予感がしているんでしょ?よくわかったね。正解!」

と数分後の悪夢を予想していたことを賞賛するような笛の音。

 

PKの笛。

 

またもドローである。

サポはオコーである。


ここ数試合で感じることは宇佐美と井手口を使う必要があるのかということ。

 

宇佐美がスタメン起用される理由は彼が「宇佐美」であるから。

井手口が途中から投入される理由は彼が「井手口」であるから。

そんな気がする。

 

今の井手口を投入することが守備固めに繋がるとは到底思えない。

終盤の失点が井手口のせいだというわけではないが、

投入の意図を明確に感じることができない。

 

そんなわけで、ツネ様に大きな責任があると思うのです。

でも、やめろ!とは言わない。

大阪ダービーで博打的に実施した3バックシステムが成功し、

その路線で突き進むことを決意し、

そのシステムにそぐわない選手たちを大量に放出したからには、

その責任を取ってもらわねばならない。

 

だから辞められても困るのだ。

感情に任せて解任解任運動をしている人たち、

本当に解任して新しい監督が今のシステムのメンバー編成に苦労してしまったら、

勝ち点1すら取れない可能性も普通に出てくるということを忘れずに。

 

ま、何を言うのも願うのも自由ですけれども。

 

とりあえず、勝てやこのイケメン!!