ザ・消耗戦【J1第21節 ヴィッセル神戸 – ガンバ大阪】

【J1第21節】 ヴィッセル神戸 2-2 ガンバ大阪

 

ザ・消耗戦。

ちょっと外を歩くだけでも汗が滴り落ちるというのに、

こんな中でサッカーをやるなんて。

 

今回の目玉は新戦力。

パトリックが裏に抜け出すだけで興奮。

鈴木はまだまだ印象的なプレーはできず。

前節からの宇佐美は意外とFWではなくMFの方が輝くのかも。

 

で、飯倉さんは神戸でも飛び出していた。

 

あっさりと倉田が先制したところでは

こんなに楽な試合があるのかとさえ思った。

 

さらにパトリックが得点。

がら空きのゴールに押し込むだけの場面でも緊張するあの感じ。

 

雰囲気は良かった。

しかし徐々に漂ってきた暗雲。

気づけば選手たちは走力を失い、見ているだけでも疲れが伝染するような、

苦しい展開に。

 

予感は当たるもので、ミス連発でリズムを崩し、きちんと追いつかれた。

あわや3失点目というシーンはいくつもあった。

勝ち点1を拾った感満載の試合。

 

試合運びが悪かったことも勝てなかった要因ではあるが、

一番はやっぱり暑さ。

相手と同じ条件ではあるけれども、

試合終盤に神戸の選手がガンガン上がってくるのに

ガンバの選手はゼンゼン帰ってこない・・・

なんていう大ピンチを迎えた。

 

走れる選手が必要。今まさに藤春が必要。

というか、4バックやるんかい!って突っ込んだわな。

これからは暑さとの戦いになりそう。

 

ま、負けなくて良かった。お疲れ様!