【お別れ】羽ばたけファンウィジョ!【J1第19節 ガンバ大阪 – 清水エスパルス】

【J1第19節】 ガンバ大阪 1-0 清水エスパルス

 

正式に発表されていないもののファンウィジョのラストマッチと思われた清水戦。

試合後の挨拶の仕方を見ると本当に最後なのだなあと。

何度か訪れたチャンス。彼らしい振り抜きからのシュートがポストを叩いたり、

明後日の方向に飛んで行ったり。

「去年なら入ってたよなあ」なんて思ったものである。

 

それでも終了間際に雨を含んだピッチに足を滑らせたヘナト。

中途半端なクリアは矢島の足元へ。迷いなくシュートを打つ。

コロコロと転がりウィジョの股の間を抜けて、ゴール左隅に吸い込まれた。

 

自分たちのミスからピンチを招く前半。

良いゲームではなかったが、これがホームの力。

そして本日行われた多くのイベントの力。

宇佐美を迎え入れ、ウィジョを送り出すには良い雰囲気になったのでは。

 

小野瀬をインサイドに、福田をサイドに置くという新しい形。

やっぱり福田はサイドがいいっすねえ。

そして中村は、今のところは自分の間合いに持ち込まないと仕掛けられないのが難点。

テンポのいいパス回しの中でも彼のところで、一旦考える時間が生まれ、

流れが止まることがある。その結果攻撃のスイッチが入ればいいのだけれども、

まだそこまでの段階には至っていない。

仕掛けが成功することもあり、攻撃のポイントになる場面もあるので、

一概に中村のプレーが良くないとは言えない。

それでももっとできる!と信じている。

 

ファンウィジョが最後にサポーターにお別れを伝えに。

チャントの大合唱。

去年の序盤、攻撃の唯一の希望は彼の右足だった。

常に100パーセントの肉食系のプレーを見せてくれたし、

ガンバのために戦ってくれる、そんな熱い気持ちも感じる選手だったので、

短い期間ではあったが、存分に愛された選手だった。

 

今年は相手に研究されたこともあっただろうし、

サポーターも去年以上の活躍を期待したこともあって、

本人にとっても納得のいく結果は出せていない。

それでも彼がすごい選手であることはガンバサポーターが一番知っている。

これまでの感謝と今後の爆発的な活躍を期待して、

サポーターは気持ちよく彼を送り出す。

 

ヨーロッパでもウィジョは100パーセントのプレーで輝く。

行った後でも時々ガンバを気にしてくれたら嬉しい。

正式発表を待つ。

本当に行っちゃうんだなと寂しくはなるけれども、

他の選手が頑張ってくれるはず。

 

ありがとう。ガンバれ!ファンウィジョ。