勝ち点3欲しさに喉から手が出そうな件【J1第15節ジュビロ磐田-ガンバ大阪】

【J1第15節】ジュビロ磐田 0-0 ガンバ大阪

中断明けのゲーム。

代表組不在、雨に濡れたピッチ、上がらない順位。

互いに同じ条件で迎える重要な試合である。

 

負傷の小野瀬に代わって中村敬斗が先発。

左に中村、右に福田。FWにはファンウィジョと食野という構成。

 

大阪ダービーから継続して今のメンバーを使っている。

ダービー勝利後も悪くない試合を続け、

最近は1勝2分の「3戦負けなし」という近頃のガンバにとっては

最高に聞こえのいい現場だった。

ただし、堅実に勝ち点を取っているつもりではいても、

常に降格圏付近に沈む順位とは1日でも早くおさらばしたい。




というわけで、とにかく勝ち点3が欲しいガンバにとっては

ジュビロ磐田は格好の相手であった。

ファンウィジョはジュビロキラーという呼び名で鳴らしているし、

試合に勝てない時期でもジュビロにはなぜか勝利をしている印象がある今日この頃。

良いイメージで臨んだ試合だった。

 

0−0でまたまた勝ち点1を獲得。

またまた悪くない結果・・・

いやいや、今日に限っては勝ち点1で満足してはいけない。

後半に食野や中村、矢島にビッグチャンスが訪れるも決めきれず。

一番悔やまれるのは中村のシーンだろうか。

 

攻撃のテンポを上げるために久しぶりに遠藤保仁が登場。

ピッチコンディションを厭わない正確な技術を見せ、

まさに若手との差を見せつける格好となった。

途中出場でもしっかりとチームの核になれるところはさすがであるし、

長短のパスの使い分けとダイレクトパスの正確さには改めて感嘆した。

 

そんな遠藤大先生が演出したビッグチャンスを中村が・・・

悔やまれる。

 

前節のファンウィジョもそうだったように、

今節のアデミウソンは途中投入で輝くことはなかった。

ウィジョとアデミウソンを先発で使って、途中から食野をいれた方が良いのかなと考える。

食野は足元でボールを受けて起点になれるし、シュートの意識が高くて重宝したい選手であるからこそ、

ジョーカーとして起用する手も推したい。

 

良い言い方をすれば4試合負けなしとなったわけだが、

残念な勝ち点1である。勝ち点をほとんど取れない時期から考えれば贅沢な悩みではあるのだが、

ほら順位表をご覧なさい。17位ですよ。

 

悪くない試合を続けていることに満足をしてはいけないのだと認識した一戦。

今のガンバサポーターならば、勝ち点3欲しさに喉から手を本当に出せそう。