【J1第13節 札幌戦】ガンバさんは点の取り方を忘れました・・・

【J1第13節】 北海道コンサドーレ札幌 0−0 ガンバ大阪

 

前節の大阪ダービーの流れを継承するために、同じスタメンで臨んだガンバ。

ホームの大阪ダービーはサポーターが作り出す雰囲気や選手たちのモチベーションの面でも

気合が入るものだっただろうが、そのテンションをアウェイでも維持できるか。

若い選手をどれだけ生かせるか。勝てるか。リーグ戦で持ち直すためにも大事な試合だった。




 

守れるが、攻め手がない。

簡単な感想はこれだろうか。

 

試合の入りから落ち着いてゲームをコントロールはできた。

繋いで、自分たちのリズムを作ろうという形は十分に見られた。

ボールを奪われた時には前線の選手がプレスバックし、

ディフェンスの選手たちもシュートブロック等を集中し、

最後のところで東口が防ぐ。守ることはできた。

 

攻撃面。今年はもう『ウィジョ・ゾーン』は存在しないのだろうか。

去年なら右足に切り替えて打っていたところで切り返さずに

あっさり左足でシュートを放った。

ファンウィジョの得点の予感が薄れてきていることは非常に残念である。

アデミウソンの別格っぷりは健在であるけれども、

それはシュートを打つ前の段階。ドリブルで相手を剥がしてビッグチャンスを作ってくれるが、

最後のパスやシュートのところで精彩を欠いてしまう。

 

ま、あれだけスプリントかけてドリブルした後にフィニッシュまで

完璧を期待することは欲張りなのかもしれないが、

現状、最も得点の予感がするのはアデミウソンの個人技のところである。

 

そして最大の問題点はベンチワーク。

交代が遅いのはピッチ上の選手たちの出来が悪くないからという理由はあるだろうが、

状況を打開しなければならないところでさえもなかなか動かないというのでは、

サポーターとしてはもどかしさがある。

 

期待感のある食野を投入したのは後半38分。

かなり遅い。もう少し早く食野や田中を入れる手もあったのでは。

交代が遅いのは今回に限ったことではない。

自分たちで何かを変えなければならない時に、

「もう少し様子を見よう」という試合がかなり多い。

 

福田はポジション的に守備までそれなりの水準を求められるのだが、

中野を相手に少々手こずりながらもよく頑張ってくれた。

高尾も後半に繋ぎのミスが目立ったけれども肝心の守備の面では踏ん張ってくれた。

 

矢島の守備の頑張りには、もう遠藤にポジションを譲らないという気概が感じられる。

効果的なパスも出るようになったし、どんどんスタメンで使って欲しい存在になってくれた。

これは嬉しい。

 

PKを取ってもらいたかったところはあるが、一歩間違えれば負けていたかもしれない試合でもあった。

少し前までのあの最悪の状況は抜け出しつつあるのではないだろうか。

それでも勝つガンバを見たいサポーターは、この試合で満足はしない。

得点力不足の解消を宇佐美に求める声が強まりそうであるが、

宮本監督の思い切った采配というのを見たいと思った試合である。

 

ほんと、得点欲しいなあ。