ZOZO社長の前澤くじとロト6の当選確率を比べてみた。

ZOZOTOWNの前澤友作社長の夢のような企画が話題になっている。

リツイート数は世界最高を記録したようで、

ツイッター民に夢を与えてくれるような前澤社長のファンは

今回、激増したことだろう。

 

激増したといえば前澤社長のフォロワーである。

100人に100万円。

応募はフォローとリツイートのみ。

期限は1月7日まで。

1月7日午後11時30分の時点で550万近くリツイートされている。

 

こんなリツイート見たことない…

期限が過ぎてもリツイートは続くだろうからもしかすると600万近くまで伸びそうであるが、

リツイート数よりも楽しみなことは「当選するかもしれない」ワクワクだろう。

 

そこでふと思う。

実際の宝くじと当選確率を比べてみたいなと。

比べるためにはリツイート数がはっきりしないといけないが、

締め切りの午後12時前の時点で応募総数はおよそ550万人と考えられる。

 

比べる。

 

まずはロト6!

次に前澤社長!!

100/5,500,000

 

つまり

 

1/55,000

 

もう一度

 

1/55,000!!!

 

ロト6は当選金額の桁が違うが、

夢を掴む確率という観点でいえば(凡人にとっての100万円は夢なのだ)、

前澤クジ万歳。

 

当選報告ツイートも楽しみ。

前澤さん、夢をありがとう。