Jリーグ時間帯別順位を調べてみた。-前半1〜15分-

Jリーグは第27節を終え、終盤を迎えている。

優勝争いは広島と川崎の2クラブに絞られたが、

残留争いは何ともわからないお手上げの状態である。

どこまでが残留争いに加わっているのかがわからないのだ。

現10位の清水や11位の磐田でさえも無自覚のまま

残留争いに巻き込まれていることが恐ろしい。

 

残り7試合の試合を観ていく上で、

それぞれのクラブの強い時間帯、弱い時間帯を知っていれば、

より今季の混沌としたJリーグを楽しめるのではないだろうかと考え、

時間帯別順位表を作成した。

完全手集計。

 

ルールは簡単。

90分を6分割。

前半1〜15分、16〜30分、31〜45分+AT、後半1〜15分、16〜30分、31〜45分+ATに分けた。

それぞれの時間帯の中のみで勝ち点を決めた。

前半5分で先制点を決め、前半15分までに失点をしていなければ前半1〜15分は勝ち点3を与える。

前半5分で先制点を決め、前半10分に同点ゴールが決まっていれば、同時間帯は勝ち点1といった具合である。

そのため、前半を4点リードで終え、後半ATに1失点して4-1で圧勝したゲームでも、

そのクラブは後半31〜45分+ATの時間帯は得点0、失点1のため、勝ち点は0となる。

 

【前半1〜15分】

27試合での集計のため、この時間帯は0-0で進めることが多ければ、

自然と勝ち点は27に近くなる。

広島や川崎が下位で、長崎や柏、ガンバが上位にいることが興味深い。

立ち上がりは堅実に戦い、徐々に試合を作っていくのか、

あるいは立ち上がりから激しくいって先制点を奪うのか。

どちらが良いということではないのだが、こうして数字を見ると面白い。

 

他の時間帯はこちら・・・

Jリーグ時間帯別順位を調べてみた。-前半16-30分-

Jリーグ時間帯別順位を調べてみた。-前半31-45分+AT-

Jリーグ時間帯別順位を調べてみた。-後半1-15分-

Jリーグ時間帯別順位を調べてみた。-後半16-30分-

Jリーグ時間帯別順位を調べてみた。-後半31-45分+AT-