すでに敗退したも同然 -ルヴァン杯 準々決勝-

ルヴァン杯 準々決勝第1戦 ガンバ大阪 0-4 横浜F・マリノス

 

ツネさんにとってルヴァンカップの位置付けが

高いものではなかったことは確かである。

リーグ戦で残留を目指す以上、カップ戦に疲労の溜まったレギュラーメンバーを

使わないと判断し、2軍に近いメンバーで臨んだ。

 

嫌な予感は当たるもので、前半2分で失点。初瀬の裏を取られ、

CBがスライドするわけでもなくフリーでクロスを上げられる。

中でもフリーを作られ、失点。

序盤から脆さを露呈する。それはそのはず。

守備で気を利かせられる選手が高しかいないのだ。

菅沼と野田のCBは成立しないし、市丸はボランチとしての役割をいくつ果たせただろうか。

得点のチャンスは一応あったが、そこで得点をしていたとしても、

惨敗した結果というのは覆せないはずである。

 

今日がマリノスの日だったというのではない。

単純に選手のレベルの差で負けたのである。

これでは勝ち目がない。

 

リーグ戦で苦しい代わりにカップ戦ではタイトルを獲りたいと

考えていたサポーターは多い。

それでも現実を見ざるを得ない状況で宮本監督はこの決断をした。

ファーストレグが終わった状況だが、すでに終戦と見てよい。

セカンドレグでも同じようなメンバーで臨むだろうから、

休養十分のレギュラー組のリーグ戦でのパフォーマンスに期待するとする。

 

決勝トーナメントに出場するには非常に失礼な試合だった。

次の日曜日のセカンドレグのモチベーションはどういった点に持てばよいのだろうか。