DAZNに14個のお願いがあります -Jリーグ発展のために-

14個のお願い

Jリーグの放映権がスカパーからDAZNに移り、

2017年からDAZNでJリーグを観るようになったのであるが、

当初から配信状況に問題が多発し、リアルタイムで満足に試合を見られないといった事象が頻発した。

 

海外サッカーも含めてほとんど毎日DAZNでサッカーを観ているし、

今季はCLとELの放映権を得たということで、

今後、ますますDAZNさんにお世話になることが予想される。

しかしながらDAZNの視聴者として不満や要望がいくつもある。

 

そこで、以下のようにまとめてみた。

14個。多いとみるか、少ないとみるか。

 

1.リスタートしているのにリプレイ

ボールがタッチラインを割る。その時を待っていたかのように直前のシュートシーンのリプレイが流れる。

実況の「すばやくリスタートします」の声でプレイが始まったことはわかる。

しかし画面上では選手がゆっくりシュートを打ち、ゆっくりと悔しがっている。

「シュート!」の声と同時にようやく画面が戻ったところでゴールネットが揺れている。

2.試合中に注目選手や監督の顔のアップの画

上の1に似ている。中継では注目選手が紹介される。例えばエースストライカー。

その選手がシュートを打つ。ボールはキーパーに難なくキャッチされる。

キーパーは近くの味方にボールを渡す。

ここでなんと画面はシュートを打ったエースストライカーの顔のドアップ。

いや、ボール生きてますけど!

3.両チームの注目選手のデータ比較

両チームのエースストライカーのヒートマップを比べられても・・・

4.ピンとこないデータ

走行距離やスプリント回数のデータはわかりやすいが。

アタッキングサイドで左右中央で何パーセントボールを持ったかなんかよりも、

選手のパスの成功率(本数)やDFの空中戦の勝率を見せて欲しい。

5.ハーフタイム中にスタジアム紹介しませんか

ハーフタイム15分の企画が面白くない。

今は元Jリーガーが現役時代の印象的な場面を振り返るものであるが、

どうせならスタジアム紹介(グッズやスタジアムグルメなど)でもした方が、

良い魅力発信になるのでは。

6.通信の乱れはそちらが悪いのか。こちらが悪いのか。

試合を見ているといまだに画面が乱れることがある。数秒止まったり、画質が著しく落ちたり。

試合を見る前から今日は止まらないかなーと心配したくはない。

一応、普通のWi-Fiを使っているつもりでも乱れる。そちらの問題か。こちらの問題か。

7.チャンネルを探すのが面倒

DAZNを開いて観たい試合を探す。この時に少し面倒に感じることがある。

PC上でスクロールして探すのが少々面倒。これについて具体的な案は示せないのが残念だが、

もう少し使いやすくしてくださいな、と思っている人がいることを知ってもらいたい。

8.解説の評価

「いいシュートですね」「スーパーセーブですね」「この時間帯は集中ですね」

こんなことしか言えない解説者がいる。

「今日の解説はいかがでしたか?よろしければ評価をお願いします。『GOOD or BAD』」

のような欄を作ってもらいたい。放送レベルの向上のために。

9.配信期間が短い

試合には配信期限が設けられている。

試合情報の欄で見られるが、その期限が1週間である。

劇的な勝ち方をした試合は何度もその場面を振り返るのだが、

もう少し長く喜ばせてはくれまいか。

10.レフェリーにインタビューしませんか

試合後の監督インタビューのついでに審判のインタビューも軽くやってほしい。

ニーズはあるはず。

11.ピッチレポーター不要論

「交代するのは◯◯選手です」「◯◯監督が◯◯選手を呼んで指示をしています」

でおなじみのピッチレポーターはいなくてもいいかなあと。

ハーフタイムの監督の指示も大したこと教えてくれないので。

12.実況と解説なしバージョンが欲しい

人気のない解説者がいる。この人の解説は聞きたくない。

それでも音量をなしにすると試合の臨場感を感じられない。

そうだ、解説をOFFにする機能をつけようじゃないか。

13.スカパーのような番組作りませんか

ライバルの名前を出して申し訳ないが、Jリーグラボのような番組を

見たがっている人は必ずいる。

14.最後に

スタジアムに足を運びたくなるような中継を。

Jリーグに外国人のスター選手が来るようになり、いまJリーグは盛り上がっているし、

世界から注目をされているかもしれない。

そんな時代に感想しか口にしない解説者の放送は観たくない。

放送レベルが上がらなければ、サッカーファンは増やせないし、スタジアムの観客も増えない。

Jリーグの魅力を発信するために映像は最高のツールなのだから、

とにかく面白くためになる放送を作ってほしいという願いをここに込めた。

 

お願いというより不満をタラタラ並べたものになったかもしれないけれども、

今後もお世話になります、DAZNさん。