やっと

G大阪がMF小野瀬康介を獲得!! 所属元の山口は監督、社長も声明を発表

 

待ちわびた補強のニュース。

レノファ山口の小野瀬康介を獲得。

宇佐美と柿谷の獲得に失敗のニュースに失望していたサポーターにとって、

嬉しいニュースである。

ここで1つ言っておかなければならないが、サポーターは

宇佐美と柿谷の獲得に失敗したことに失望していたのではない。

フロントの補強候補の目の付け所に失望していたのである。



 

先日も東京VのDF畠中の獲得をやめたとのリリース。

ガンバが放出予定にしていたDFの残留が決まったため、

獲得をやめたようだが、ここでまたしてもフロントには失望。

いったい誰を放出しようとしていたのだろうか。

 

そんな中でようやく元気の出るニュース。

申し訳ないが、小野瀬という選手は獲得の噂のニュースが出た時に初めて知った。

右サイドハーフを任せられそうで、米倉・藤本とのポジション争いは難しいかもしれないが、

今の状況のガンバを選んでくれた選手は喜んで迎え入れたい。

 

山口にとってみれば、選手がガンバ大阪へ移籍することには非常に驚いているようで、

「あいつ、やったな」と羨望の眼差しで見つめられ、送り出されているようである。

それだけガンバはリスペクトされているクラブであるということだ。

退任が決まってやる気をなくした長谷川健太とよくわからなかったクルピ。

およそ1年でクラブはどん底近くに突き落とされているのだが、

これからは這い上がるしかない。

そのために宮本恒靖が監督に就任したのであるし、小野瀬を補強したのである。

そしてJ1残留を決めてフロントを解体する。これが望みである。