ハリル提訴 -「慰謝料1円」の意味-

イニエスタの神戸移籍が実現し、日本のサッカーファンの頰が緩んでいるタイミングで、

ハリルホジッチ前日本代表監督が日本サッカー協会を相手取り、提訴した。

 

理由は明確。

突然の解任と協会の納得のいかない説明に対し、

名誉毀損に当たるとしている。

 

ここで目を引くのが

ハリル側が慰謝料1円を求めていることである。

 

何かの間違いであるかのような数字であるが、

これは「お金目的ではない」ことを示すためであるという。

選手とのコミュニケーション不足が原因であるとの説明があったが、

これで納得しろという方が酷である。



 

協会が大好きな本田や香川を

ハリルがW杯本戦に選びそうにないことが原因ではないかなど

ネットでは様々な憶測が蔓延している。

 

あくまでも解任の真相を明らかにしたい一心での提訴。

 

既にW杯後の監督を日本人にする意向を示しており、

W杯で実績のある外国人監督を身勝手な理由で解任した協会の

呆れた仕事ぶりには日本サッカーの足を引っ張っているではないかと

ツッコミを入れたくなる。

 

慰謝料1円が実現すれば、協会に非があったことを認めることとなる。

1円支払えば面倒なことが済むと思ってはならない。

この提訴で真実が明らかになるのか注目である。

 

数十年後の日本サッカー界から見れば、

2018年は笑い者扱いされてもおかしくない年になりそうである。