ワントップ問題 -大阪ダービーを前にして-

ルヴァンカップは息抜きである。

もちろん勝利を期待するし、応援するサポーターの熱は通常のリーグ戦と変わりはないのだが、

大会の位置付けとしては、若手を見られる良い機会として捉えられることが多い。

 

ただ、ガンバはこれまでのカップ戦3試合はフルメンバーで戦った。

若手を主体とした相手に大人気ない点差で勝った試合があったが、

ガンバにとってこれまでのルヴァンカップは、

チームの成熟度を上げる・勝ち方を思い出すような位置付けのものだった。



 

そんなガンバがようやくメンバーを替えた。

ホームの浦和戦である。

GKは林でCBは菅沼と西野。中盤に市丸や高江が入り、

長沢の怪我で不安視されるワントップには中村が入った。

 

試合は敗れたものの、見ごたえのある試合であった。

決定機が多かったわけではないのだが、

ようやく出場機会の少ない若手をトップの舞台で見られたことに対して、

ある意味で1つの欲求が満たされた。



 

ただ、頭を悩ますことになりそうなのがワントップに誰を置くのかという点である。

長沢が怪我をしたため、先日の試合ではファンウィジョがそのポジションを務めた。

しかしながらウィジョはサイドで輝くタイプであるように感じられる。

右サイドから中に入って貪欲にゴールを目指す方が得点の匂いはする。

 

そこで、中村敬斗であればワントップを任せられるのではないかという期待はあったのだが、

この浦和戦を見た限りでは厳しい。

相手を背負った状態でのプレーよりも、やはり中盤で前を向いた状態でボールを受ける方が持ち味が出る。

ターンの技術がピカイチであるが、なかなか良い状態でボールを受けられなかったため、

今後はワントップとしての期待は薄い。

 

それではどうしようか。

現実的に考えれば今週末の大阪ダービーはウィジョがワントップを務めるだろう。

FWの人材不足はシーズン開幕前からサポーターが嘆いていたことである。

去年であれば赤崎や呉屋がいて、出場機会の少ないFWの出場を期待していたこともあったのだが、

今シーズンはどうするつもりなのだろうか。

フロントは夏にFWの補強を考えるとは思うのだが、今から獲れる選手で

J1レギュラークラスの選手は限られている。

 

事あるごとにフロントに文句を言いたくなるのだが、

怒りの矛先をひたすらそちらに向けていても仕方がない。

週末は大阪ダービー。昨年は大阪ダービーで勝利してからどうしてか勢いがなくなった。

今度はこの大阪ダービーを復調のきっかけにしたいものである。