明暗分けたPK失敗 -金崎と鈴木-

2018 J1第3節 鹿島アントラーズ 0-1 サンフレッチェ広島

 

先日のルヴァンカップでスタメンを総入れ替えしてガンバに大勝した広島。

自信をつけて乗り込んだアウェイ鹿島戦である。

 

鹿島は今節もレオシルバをベンチに置いて小笠原が先発した。

 

攻守がめまぐるしく変わるゲーム。

ペドロジュニオールにビッグチャンスが訪れて広島が防いだかと思えば、

その後すぐに広島のティーラシンにチャンスが訪れてシュート。

展開の早いゲームが見られる予感を感じさせる。



先制をしたのは広島。ゴール前で三竿がまさかのパスミス。

ボールを回収した和田に三竿が慌ててプレス。シュートフェイントにあっさりと引っかかり、

和田のシュートがニアに決まった。

チームの士気が下がる失点である。

 

鹿島は当然、ジョーカー鈴木優磨を投入。

その鈴木がガンバ戦と同様に右サイドに流れて決定的な仕事をする。

広島DF佐々木とのマッチアップ。佐々木に当たってボールがゴールラインを割ろうとしたところで

佐々木がCKを嫌がり、ボールを止める。それを鈴木がかっさらい、PA内に侵入したところで

後ろから倒す格好となった。鹿島がPKを獲得した。

この試合を左右する場面。同点のチャンス。PKを蹴る気満々の鈴木からボールを奪った金崎。

この争いは面白い。

絶対に決めなければならないプレッシャーに挑んだ金崎にも緊張はあったのだろうか。

ボールは「置きにいく」ように甘いコースに飛び、GK林のセーブにあう。

こぼれ球から鹿島のシュートの矢が数本飛んだが、守りきった。



後半には昌子がパトリックに手を焼いた。

パトリックの得意とする右サイド深く。体を生かしたドリブルで対応した昌子と3回入れ替わった。

パトリックは並みの選手にはできないプレーができる。

そして並みの選手ができるプレーはできない。

広島にとって欠かせない選手となっていることは間違いない。

 

決定機はあるものの、なかなかものにできない鹿島。

「やり続けること」と大岩監督は試合後に話したが、まさにその通りだろう。

広島は開幕3連勝。広島の快進撃はどこまで続くだろうか。