壮絶な打ち合い 札幌の魅力

2018 J1第2節 セレッソ大阪 3-3 北海道コンサドーレ札幌

 

打ち合いのゲームとなった。

両者ともにスタメンに特別な驚きはなかった。

あえて挙げるならばセレッソの左サイドに高木が入ったことだろうか。

 

札幌の攻撃陣にジェイ、チャナティップ、三好、駒井の名前が並ぶだけで胸が高鳴る。

チームに特徴的なドリブラーが3人もいるのは珍しい。

右でも左でもドリブルで相手を剥がしてクロスを上げられる。中に待つのはジェイである。

非常に攻撃に期待感のあるチームになっている。

 

セレッソは山口とソウザが中盤でボールを供給し、安定してボールの保持ができる。

杉本にボールが収まるし、柿谷は味方を使うのがうまく、流れるような攻撃が生まれた。

杉本の先制点は見事であった。PA内で足元に入りすぎたボールをうまく処理し、

相手の股が開くことを想定してシュートを流し込む。

それほどチャンスに見えない場面だったのだが、それをものにしてしまうのはさすがである。



柿谷もうまいシュートフェイントから高木のゴールをアシスト。後半には自らのゴールでリードを奪った。

柿谷は確かにうまい。そしてプレーに余裕があるように見える。

その弊害として、魅せるプレーをしたいという欲求があるのか、遊んだようなプレーをすることが気になる。

普通に狙ったほうがいいところでループシュートを試みて失敗したシーンがあった。

自己満足に終わるプレーは迷惑をかけるだけである。彼だからこそ許されるプレーがあるかもしれないが、

それこそネイマールくらいのレベルにないと恥ずかしいだけである。

 

札幌はヘディング3発で引き分けに持ち込んだ。チャナティップの来日初ゴールがようやく生まれたのは喜ばしい。

三好の仕掛けは90分間衰えない。彼にボールが渡るだけでわくわくする。

シュートの精度が高ければもうワンランク上の選手になれるはずである。それでも仕掛ける美学を貫く選手は美しい。

 

この試合を見た上で印象に残るのはやはり札幌の攻撃である。

駒井と三好の補強は非常に大きい。そしてミシャ監督の哲学が既に体現されていて、単純に面白い。

今季は札幌のファンは増えることだろう。私もその一人かもしれない。