誤審とクリアミスに泣いた両者

2018 J1第1節 セレッソ大阪 1-1 横浜Fマリノス

 

昨季2冠のセレッソ。今季はリーグタイトルを狙うシーズンである。

対するマリノスはマルティノス、齋藤を失った攻撃陣がどのように攻撃を作っていくのかに注目をした。

 

試合はマリノス優勢で進んだ。セレッソは自分たちの些細なミスを繰り返し、主導権を握れなかった印象。

華麗な崩しから柿谷が得点するも、”誤審”によりオフサイドの判定となり、得点は認められなかった。

この場面に関して、試合終了直後に柿谷が副審に説明を求めているところがDAZNで放送された。



マリノスの山中の地を這うようなミドルシュートで先制。

天野のFKもクロスバーを叩き、追加点を取れる雰囲気は出てきていた。

ただ、徐々にマリノスもDFラインでのミスが増え始める。

 

ヘディングでクリアしようとした中澤がボールを後ろにそらしてしまい、

セレッソのスルーパスのような形となる場面があったし、

GK飯倉がDFから受けたパスをクリアしようとしたのか、繋ごうとしたのか判然としなかったが、

見事に水沼の足元にボールを渡してしまい、シュートミスに救われるという場面もあった。

 

失点もミスからだった。中澤のクリアミスを柿谷が見逃さずに詰めて同点。

マリノスにとっては悔しい勝ち点1となった。いや、前半にオフサイドを取られたセレッソのことも考えると

両者にとって悔しい試合となったことは間違いない。

 

今季の得点王を狙う杉本にもビッグチャンスは訪れたが、ものにはできなかった。

 

マリノスの右サイドを務めた遠藤渓汰は今季注目の存在であるが、

もう少し脅威を与える存在になってほしい。今のところはまだ、確かにうまいが怖くはない選手という印象。

今季獲得した大津がどれだけ戦力になるかわからないが、点取り屋のいないマリノスにとっては

中盤の得点力が今季の成績を左右することは間違いない。

 

両者ともにまさに痛み分けの結果となったが、この試合は選手、監督だけでなく

審判団も見直すべきものとなった。