中村対決

2018 J1第1節 ジュビロ磐田 0-3 川崎フロンターレ

 

連覇を狙う川崎。

対するジュビロは昨年の大躍進からもうワンランク上のレベルに挑戦するシーズンである。

試合は予想以上の大差がついた。

 

ワントップに知念を置いた川崎。

出戻りの大久保のポジションが確約されていない点に好感が持てる。

知念はPA内で怖い存在になれる選手であることを示した。

相手を背負った状態足元にボールを受け、振り向き、チャンスを演出した。



 

ファーストゴールは中村憲剛。頭で決めて先制し、公約通り、BKBのパフォーマンスを披露。

川崎サポーターは歓喜に沸いた。

その後も再び憲剛にビッグチャンスが訪れるも、カミンスキーの好セーブに阻まれる。

ただ、セットプレーの流れから2点目、そしてFKから3点目が前半のうちに生まれた。

憲剛は1ゴール2アシストである。

 

磐田にもビッグチャンスはあった。ゴールに叩き込むだけのボールを川又が空振りしたり、

GKと1対1になったアダイウトンがドリブルの間合いを誤り、決められなかった場面があった。

俊輔はCKを直接狙うなど随所に技術の高さを見せたが、彼らしくないパスミスが散見され、

この試合に限ってはパフォーマンスの評価は低くても仕方がないものだった。

 

昨季の失点が少なかっただけに、開幕戦での3失点のダメージは小さくないだろう。

前半は3バックで臨み後半は4バックに変えたが、

名波監督はこの後半に攻撃の形が作れたことに手応えを得ていたようだった。

悲観ばかりしてはいられない。

 

川崎はそのうち復帰する齋藤を戦力にうまく組み込むことができるだろうか。

今のところは難しいと感じる。

 

熟練の技を持つ二人の中村の対決を開幕戦で見られたことは非常に喜ばしい。

昨季の優勝の勢いそのままに突き進む川崎と、

熟成された名波ジュビロは見ていて面白い。

魅力あるクラブ同士の試合を今後もいくつも見ていきたいものである。