勝負のシーズン -ベガルタ仙台-

【2018シーズン展望 その2】

勝負のシーズンである。

渡邉監督5年目で、安定して中位フィニッシュに終わってきたクラブの上位進出を目指す。

昨季後半戦には3バックの戦術がはまってきた。

そして怪我で出場機会を減らしていたリャンヨンギ。彼に依存しないチームになった。

 

石原が前線で起点を作れる。多少ラフなボールでも収めて味方の上がりを待てるし、得点にも絡める。

パフォーマンスの安定した選手は貴重である。また、今季は阿部拓馬を獲得。

石原のバックアップには十分であるし、シャドーの位置での起用も考えられる。

ルヴァンカップでニューヒーロー賞に選ばれた西村や、期限付き移籍期間延長の野津田がうまく絡めるようになれば、

上位進出は夢ではない。

 

ただ、クリスランが移籍したことにより、外国人ストライカーの不在がどう響くか。

強いチームには五分五分の試合を勝ちゲームにしてしまう力がある。大事なところで点を取れる選手がいる。

そんな選手が今季の仙台にいるかといえば疑問である。

 

それでも渡邉体制の成熟度が楽しみであることは間違いない。

中堅クラブが上位進出に向けて、堅実にチームを成熟させていく姿は美しい。