ガンバサポは補強の不満を忘れよう

即戦力の補強が矢島と菅沼のみで、満足のいかないオフを過ごしているガンバ大阪。

FWの駒不足、井手口の移籍、CBのバックアップ、藤ヶ谷の引退…

これらの対処はなされていない。

どうするんだ!!…..

と思っている中で、キャンプのレポートを読む。

京都との練習試合で選手は手応えを感じていたようでなにより。

4-3-2-1を試して良い形が生まれていたようでなにより。

倉田が矢島との連携に好感触を持っていたようでなにより。

 

いつの間にか補強の不安を忘れていた。開幕が楽しみである。

所詮はそんなものなのだ。

 

「シーズン開幕前が1番楽しいかもしれない」



札幌の野々村社長は言っていた。

確かにその通りかもしれない。勝てなくてもストレスがないのだ。

キーワードは「まだ準備段階だから」。

 

クルピは初瀬がお気に入りのようである。

練習試合で彼を真ん中で使ったことには驚いた。

昨年に出番が激減した米倉が再び右SBで使われる機会が増えるかもしれない。

川崎や鹿島、C大阪が4冠を目標に掲げる中で、ガンバの現実的な目標は『1冠』であろう。

とにかくタイトルが欲しい。

タイトルを「奪還」するために、

とにかく勝ちが欲しい。サポーターは飢えている。