黄金の1年 -一流Jリーガー19人が明かす分岐点-

『黄金の1年』 飯尾篤史

選手にはそれぞれのストーリーがある。

様々な葛藤やプレッシャーに苛まれながら

人生を左右しかねない決断に迫られ、

いつ職を失ってもおかしくない立場でありながらも

人生のキーパーソンと出会い、

今ピッチに立っている。

Jリーグでお馴染みの19人の選手のそれぞれの印象的な年の出来事に焦点を当て、

まとめた一冊である。

 

Jリーガーが海外移籍すると、その選手のプレーを観る機会は激減する。

香川や本田のように有名クラブでプレーすれば、インターネットで試合の中継を見られるが、

ドイツ2部やタイのクラブの放送はほとんどない。

そして海外で日の目を見ずに日本に帰ってくる選手は少なくない。

 

そんな選手がどのような経緯で移籍を決断し、渡った先はどのような環境だったのか、

その一端を知ることができる1冊でもある。

 

自分が応援するクラブの選手が入っていないから…と、この本を敬遠する人は少なからずいるはずである。

ただ、Jリーグを観る上で、選手たちがどのような葛藤を経験しているのかを知られることは

非常に有意義である。

シーズン開幕前で暇を持て余しているのであれば、この1冊を手に取ってみよう。

読みやすい文章、文量であるから読んでいて疲れない。

 

この本に1つだけ注文をつけるとすれば、遠藤保仁も取り上げて欲しかった。

ファンのわがままである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点 [ 飯尾篤史 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/4時点)