柏レイソルの確信

ちばぎんカップ 千葉 1-4 柏

毎年恒例のプレシーズンマッチ。

ACLプレーオフを勝ち上がった柏。

この試合の位置付けは新戦力の見極めだろう。

江坂がフィットしそうであることは先日のACLプレーオフでわかった。

パクジョンス、小泉、山崎、亀川、瀬川あたりをシーズンの中でどのように使うのか、

見極めは始まっている。

 

不完全燃焼に終わったのは山崎だろうか。ドリブルが持ち味であるのだが、ほとんど仕掛ける場面はなく、

前半だけでピッチを退いた。山崎は一皮剝けたらブレイクすると何年も思っているのだが、

今年はどうだろうか。

 

一皮剥けた姿を見たい選手は千葉にもいる。為田である。

大分にいる頃から少し見ていたのだが、ドリブルのリズムに面白みを感じた。

今日の試合では目立った動きはなかった。

 

千葉のCBが近藤と増嶋であることに違和感があった。

時代の移り変わりである。

千葉がボールを持つ時間帯には両CBが大きく開き、

間に熊谷が落ちて3バックのような形をとってパスを繋ぐ。

どんなチームでもDFラインにボランチが落ちてパスを供給することはあるのだが、

熊谷が落ちてくることを約束としているかのように、近藤と増嶋は開いた。

 

点差は開いたが、千葉にしてみれば防ぐことが難しい失点ばかりであった。

もちろんその芽を摘み取る作業が重要なのであるが。

柏は江坂のフィットと、クリスティアーノと伊東のチーム内の立場を確信し、

自信を深めているところだろう。

 

千葉は試合中の気持ちの切り替えが鍵になるかもしれない。

柏の先制点は後半立ち上がりのFKのクイックリスタート。

ただ、そのリスタートの際にボールが転がっていたのではないか。

もしくは抜け出した伊東がオフサイドだったのではないか。

主審の判定が覆らないことが確定した後も、モヤモヤしたものを抱えてプレーをしたのだろう。

そこから崩れていった。

 

さて、毎年恒例のプレシーズンマッチを観たところで、今年もシーズンが始まるなあと実感する。

開幕までの3週間がすごく長い。