劇的ミドル男 井手口陽介

E-1選手権という慣れない呼び名に違和感があるが、東アジア選手権は国内組のメンバーで参加するため、いつもと違う選手を見られて新鮮である。

今の日本代表はG大阪の選手が多い。サポーターとしてはありがたい。

しかしながら試合はシーズン後半の低迷っぷりが見事であったガンバのように、

流れが悪くストレスを感じるものだった。

ボールを保持する位置は低いし、縦パスは入らない。流れを作る司令塔が必要である。

試合は井手口のミドルシュートで劇的勝利。

それは素晴らしいことなのだが、サポーターとしては「本当にプレミア行っちゃうのかあ」という複雑な心境である。

W杯出場を決めた試合でのゴールや今日の終了間際のゴールは非常に印象に残るものであり、メディアからしても好材料であることから、世間に日本代表の井手口は認知されている。



今年一年での井手口陽介の成長は素晴らしい。

プレーの安定という点においては、ポジションやプレースタイルは違うけれども、宇佐美よりも海外で長く活躍できる可能性がある。

数年前にナビスコカップにプロとして初出場したものの、全く試合に溶け込めずに前半途中で交代を命じられたことは鮮明に覚えている。悔しそうにベンチに引き上げる彼の背中を長谷川健太はポンポンと叩いた。

井手口のここ数年での成長には長谷川健太の存在は間違いなく関わっている。若手を使いながら伸ばしていくというクラブの監督としての責任を全うした形がこうして現れている。

普段サッカーを見ない友人でさえも井手口のことを知っていた。何かしらのニュースで見て覚えたのだろう。

応援している選手の成長は嬉しい。

海外移籍をして遠い存在になってしまうのはやはり寂しい。

それでもその選手が海外に行きたいのであれば、積極的にチャレンジしてもらいたい。

この北朝鮮戦を長谷川健太はどう見たのだろう。

井手口のゴールにニヤリとしている姿が目に浮かぶ。つい最近まで指導していた井手口や今野、倉田、そして阿部のプレーの調子が良いのか悪いのか、我々よりもよくわかっただろう。

ただ彼は高萩と室屋に注目していた可能性が最も高い。