川崎はお笑い界に例えるとナイツである。

ルヴァンカップ決勝。

セレッソ大阪が初タイトルを獲得。

川崎はまたもや準優勝に終わることとなった。川崎サポーター同様にガンバサポーターの多くも落ち込んでいることだろう。

 

川崎は小さなミスが大きく目立った。見ていて面白いサッカーであることに間違いはなかったが、点が欲しい時間でも無理する選手が出てこないとやはり得点を取るのは難しい。

ましてやセレッソもペナルティエリアの外でのパス回しは許容の範囲であったため、中央を固める格好となっていた。猛攻を仕掛けることはできず、結果的にはカウンターから追加点を許し、タイトルを逃した。

 

シルバーコレクターで有名の川崎フロンターレ。

シーズンを通して安定して技術の高さを維持し、魅力的なサッカーを披露する。

いつもいいところまでは行くのだが、最後のところでタイトル奪取を阻まれてきたクラブである。




強さは安定しているがビッグタイトルを取れない点で、

お笑いの世界で例えるとナイツのようだと思った。

どのネタを見ても安定して感心するほど上手く、ずっと見ていられるのだが、

M-1のようなビッグタイトルを獲得するほどの爆発力はない。

それでも力に間違いはないのだからファンはタイトルを希望し、それを逃してがっかりするのだろう。

 

久しぶりに客観的にルヴァンカップ決勝を見ることとなったわけだが、

素直に羨ましいと感じたのは私だけではないだろう。

来年、ガンバが再びタイトル争いに関われるよう、監督選びから優勝するためのクラブを作っていってもらいたい。(もうクルピで決定かな?)

 

ルヴァン準決勝でセレッソに無様な敗れかたをしたため、今日に限ってはセレッソを蔑むようなことを言う権利はない。

悔しいが、おめでとうございます。

来年は勝ちます。