危険行為のガンバサポ 入場禁止処分

ガンバ大阪、ルヴァンカップ・大阪ダービーで危険行為のサポーターを入場禁止処分に

共通の趣味があれば人は仲良くなりやすい。しかし共通の趣味があるからといって必ずその人と関わりたいと思うものでもない。

サポーターも同様で、問題行動を起こす人を仲間を庇うように擁護するわけにはいかない。クラブの印象が悪くなり、アンチガンバの格好の餌となる。こういったニュースは毎年のように見られ、不愉快極まりない。

そして既にルヴァンカップでの悲劇をきれいさっぱり忘れ去ろうとしていたところで、再びあの敗戦を思い出させたという点で見ても迷惑でしかない。

 

なぜ、サポーターが問題を起こすのだろうか。



 

スタジアムは席によってチケット価格が違うし、応援の熱量も違う。ただ、どこの席に座ろうと、あるいはゴール裏で立っていようと、お客さんであることに変わりはない。

問題を起こすサポーターは「自分は普通の客ではない」という意識が強いのではないだろうか。(確かに問題を起こしている時点で普通の客ではない)

飛び跳ねて大声で歌っているし、応援をする仲間もいる。誰にも気持ちは負けない。試合中に卑劣なブーイングを浴びせてもいいし、怒りをぶつける権利がある。

そう考えているのではないだろうか。

 

確かに、権利はあるかもしれない。

 

しかし、やり方が幼稚なのだ。



「またガンバか」と他サポから思われても、もしくは直接文句をぶつけられても致し方ないし、ガンバを応援している身としては返す言葉もない。

ただ、ガンバサポとして言いたいのは、

「処分を受けたのはサポーターではない」ということである。

応援の仕方は自由であるが、彼のそれは応援ではない。ひたすら目立ちたいだけの幼稚な行動をした人間がサポーターに紛れ込んでいたと考えれば良い。

「またガンバか」と思われても仕方ない。

ここで言いたいことは、ガンバも被害者であるということである。

マナーを守れず、品格のない人間は積極的に排除していってもらいたい。